学校法人 広島府中教会学園 こばと幼稚園




大切にしたいのは一人ひとりの心の教育。


こまっているお友達を見て、いっしょに考えてあげられる、お手伝いしてあげられる
そんな、やさしい気持ちを育ててゆきたい。イエス様の大きな愛の中で、明るく元気
で思いやりのある子どもに成長して欲しい。

大切にしたいのは一人ひとりの心の教育です。 


 



こばと幼稚園の園章について

園章二羽の"小さな鳩"が向かい合って幼子の「幼」の字を中心にして精一杯、そして、とても楽しそうに飛立とうとしています。幼いながら協力して「社会性」を伸ばし「平和のために」役立つように成長してほしいとの願いがこめられています。

 
 

 
教育方針

 神様の愛に感謝する 
こばと幼稚園はキリスト教保育を行っています。キリスト教保育とは、誰もみな人間は神様によって造られ、神様の恵みによって生かされているかけがえのない存在だという事を知り、神様の愛に感謝しつつ、隣人を愛し、平和と生命を大切に守り育てる事を目標にしています。ここで育つ子どもたちは、これからの生涯において、さまざまなことに遭遇する時も、希望を失うことなく歩んでいってくれる事と信じております。子どもたちが、私たちを造り生かしてくださる神様の存在を知り一人ひとりちいさな手をあわせ、御言葉に耳を傾け、祈り、賛美し愛する事を知り神様の大きな愛の中で、自分らしく共に育つ事等を通して「心を育てる保育」を大切にしています。

基礎を養う 
私たち人間はそれぞれの階段を踏みながら、ゆっくり成長していくもので、決して一足飛びに大人になるのではありません。その成長の段階を飛び越したり十分に経験習得しないまま次に進んだりすると、その先で身体的にも精神的にも問題が出てくることがあります。それは人間形成の中での土台が欠けてしまっているからではないでしょうか。こばと幼稚園は、子ども達に寄り添いながら、人間としての基礎能力や心を育てるお手伝いをいたします。

可能性を伸ばす 
幼児教育の目標は、幼児に何かを教え込むのではなく、共に育つ(共育)なかでそれぞれの子どもの持っている無限の可能性を伸ばし、引き出し、その手助けをすることにあると思います。子ども達を決して「小さな大人」とは考えないで、一人ひとりの子どもの持つ個性と人間性を大切にのびのびとした保育を行います。
 

たくましく成長する 
心も身体もたくましく成長するようにとの願いを込め日常保育の中で運動遊びを重視し、のびのびタイムやスイミングタイムは専門の講師に指導を受けています。また言葉、数、リズムや造形等日々の遊びの中に取り入れそれぞれの子どもの発達に即した保育をいたします。 

 

 

 
保育内容の紹介


のびのびタイム


経験豊かなスポーツ専門の講師(男性)の指導により様々な活動に親しみ、身体を動かす事に親しんで取り組みます。                              
 


 


ファミリータイム

年間を通じた異年齢のグループ(ファミリー)をつくり、グループで月に1回散歩にいったり、工作あそびをいたします。異年齢活動ならではの雰囲気も、大切にして取り組んでいます。異年齢のかかわりを通じて、年上児に憧れたり、年下児に愛おしさを抱いたりしながらつながりを深めていきます。 
 


 


スイミングタイム

JSS大洲スイミングスクールでコーチの先生より顔つけやバタ足など水に親しむことから指導していただきます。


 

 【その他】

◆クッキングタイム
月に1回、各学年ごとに旬の野菜や収穫物などを使った調
理やスイーツ作りに挑戦します。今月は何を作ろうかな?
みんなで考えて、みんなで協力してさあ作ろう!
レッツクッキング!

◆おやつタイム
毎月一回みんな大好きな園長先生による手作りスイーツを
楽しむおやつタイムです。



園バスのルート

こばと幼稚園では登園、降園時に園バスを運行しております。
もちろんお近くにお住まいのお子様の団体降園も行っております。
地図の範囲以外にお住まいの方もぜひ御相談くださいませ。


 

 

こばと幼稚園の馬越園長先生とPTA会長にインタビュー(2013年4月現在

こばと幼稚園のことをもっと知ってもらうため、園長先生とPTA会長にインタビューを
行いました。保護者からの視点として参考にしてください。

Q. では、さっそくですが、どうしてこのお仕事に就こうと思われたのですか?
A. 私が幼稚園に通っていた時の担任の先生がすごく優しくて大好きだったので、その頃から幼稚園の先生になれたらいいなと思っていました。私自身子どもが好きということもこの仕事を選んだ理由ですね。


 

Q. ずっと夢をもって続けておられるのは何か理由がありますか
A. 子ども達から日々たくさんの感動をもらえる事ですね。昨日まで出来なかったことができるようになったり・・・。何かに一生懸命挑戦する姿に出会ったりするとすごく幸せな気持ちになります。毎日子ども達の成長を一番近い所で見させてもらって共に喜びあえることが続けている理由です。

Q. 心を育てる保育とはどういったことなのでしょうか?
A. こばと幼稚園ではキリスト教保育を柱として保育を行っています。私たち一人ひとりが神様によってかけがえのない存在として受け入れられていることを知り、感謝し、祈る生活の中で行われる保育です。今の教育は、より早く目に見える具体的な成果を得ることが求められる場合が少なくありませんね。けれど、特に幼児教育の成果はその教育を受けた子ども達が何年、あるいは何十年か後に知る事ではないでしょうか。ここに集う子ども達が平和を愛し、生命を大切にする心、他人の痛みに気づく優しさを持ち、愛し、愛される事の喜びを感じられる心を育てることを大切にしています。また、私たちを造り生かしてくださる神様の大きな愛の中で、一人ひとりが小さな手を合わせ、みことばに耳を傾け、祈り、賛美し、自分らしく周りの人たちと共に育つことを願い、日々保育を行っています。
 

Q. のびのびタイム、ファミリータイムとは具体的にどんなことをなさるんでしょうか?
A. のびのびタイムは「子どもたちの体を鍛える」遊びを通して運動をします。外部から体操の講師に来ていただき指導して頂いてます。ファミリータイムは少子化が進む中、異年齢の子同士がかかわることが少なくなってきているので、縦割りで他学年との関わりを大事にしている時間です。クッキングタイムは、各クラスでいろんなものを作ってみんなでいただきます。おやつタイムは子どもたちに月一回ですが、私が手作りのおやつを作っています。
 
Q. クッキングタイムというものを取り組まれている理由は何ですか
A. 幼稚園でも野菜嫌いの子どもがずいぶん増えてきました。そうした中で、子どもたちが種を植えて自分たちが育て収穫したものを食べるということには大きな意味があると感じています。ほんとは嫌いなものだけど、自分たちが作って、みんなと一緒なら食べられるという子もいます。まず食に興味を持ってもらうことからはじめて、最終的には嫌いなものにも挑戦しようという気持ちを育てていきたいと思い、いろいろな野菜を育て収穫し食べるということにつなげていっています。

 

 

Q. 芋掘りもされていますが、あれも育てられてるのでしょうか?
A. そうです。お芋は職員が育てています。収穫は子ども達がします。土の中から大きなお芋が出てきて大喜びです。今、園庭でラディッシュとなすび、枝豆、トマト、おくら、ピーマン等各学年、クラスで世話をして育てています。

Q. いただきます、ごちそうさまの意味が分からないお子さんがいるとテレビで見ましたが
A. キリスト教ともつながっていますが、食べ物は私達がいただく迄にたくさんの方々の力がそそがれていることや、生きているものの命を「いただきます。」「美味しかったです」「ごちそうさまでした」、「ありがとうございます」という感謝の気持ちを子どもたちに伝えていっています。又、お弁当やおやつの前にお祈りをしています、三歳児も神様に手を合わせ友達と一緒に感謝のお祈りを捧げています。

Q. 先生は今何名おられますか?
A. 職員は全員で13名です。保育経験10年以上の保育者、2~7年の若い保育者、そして子育て経験のある保育者をバランスよく配置しています。例えば、初めて入園する年少組は担任保育者と子育て経験のある保育者が一緒に受け持ち、子どもはもちろんですが保護者の気持ちにも寄り添っていきます。また、保育者同士の連携やコミュニケーションも大切にしています。

Q. 行事がいろいろあると思うのですが、保護者の方の協力具合はどのくらい必要ですか?
A. できるだけご出席いただきたいものとして参観日等が学期に1~2回、お子さんの誕生会があります、運動会やバザーなどのお手伝いは役員さんが主になって盛り上げていただいています。




Q. PTA役員さんはどのくらいおられますか?
A. 1クラス3名です。最初の懇談会で役員さんを選び、役員さんを中心にしてPTAを運営していきます。

Q. こばと幼稚園は現在、全部で何クラスありますか?                                   
A. 現在は6クラスです。                                                          

Q. これから幼稚園をお探しになる保護者の方に向けて一言メッセージを
A. ご両親がここの幼稚園いいなと思われるのももちろんなのですが、毎日幼稚園に通うのは子ども達なので、やっぱり子どもが安心して通える、「ここ居心地がいいな」と感じられることが大切だと思います。 色々な幼稚園で子育て支援をされているので、子どもさんと一緒に行って「あ!ここだったら安心して遊んでいるな」と感じられるところを選ばれたら、間違いがないのかなと思います。私立なので、その園その園で教育方針が全然違います。親はもちろん子どもたちが居心地のいい園を選ばれるのが一番なんじゃないかと思います。
                                                                                                                           
 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

つづいて、園児の保護者を代表して、PTA会長にもお話をおききしました。

Q. こばと幼稚園に入園を決めた理由はなんですか?
A. 園庭開放に来て、のびのびと遊んでいる在園児の姿を見たときにこの幼稚園はいいなと思って決めました。

Q. 実際預けてみられてどうでしたでしょう?
A. 温かい幼稚園だなと思いました。子どもの思いを大切に保育をしてくれるというか、子どもの話しを聞いてくださるし、無理やり押し付けたりしないところがよかったです。

 

Q. 卒園なさった上のお子さんはいかがでしょう?
A. 自由な子に育ってますよ。

 
Q. 預かり保育がとても助かっているとのことですが
A. 夕方の5時半までみてもらえるし、夏休みや春休みは朝の9時から夕方5時までみてもらえるので親としては心強いです。小学校の行事があって迎えに行けなくてもそのまま引き続き預かり保育でみてもらえるので。大変助かっております。

                                                                                                   

Q. 先生とのコミュニケーションはちゃんと取れていますか?
A. 春に家庭訪問があるので、その時にゆっくり先生とお話できます。普段幼稚園での立ち話しで日々の子どもの様子を聞くこともできるのですが、家でゆっくり先生とお話ができるので家庭訪問があるのはいいなと思っています。

Q. 保護者同士は仲良くされていますか?
A. 5月に保護者だけの親睦会があって、集まってお茶をしながらちょっとしたゲームをしたりして、保護者同士のコミュニケーションをとります。その後親子遠足の時にもお互い顔を合わせたりするので、卒園する頃には同じ学年の子ども達が分かり、どのお母さんとも気軽に声を掛け合うことができるようになります。最初の時期に交流する場があるので、そのあと参観日等で顔をあわせたときにスムーズに会話が進むので、すごくいいなと思います。

Q. これから幼稚園をお探しになる保護者の方に向けて一言メッセージをお願いします。
A. まずは、園庭開放や親子教室、子育て支援などそれぞれの幼稚園で行われているので、是非参加してみてください。そこには、これからこの幼稚園に入園される予定の保護者の方も参加されていますし、園の雰囲気や先生のこともわかります。園によって保護者の雰囲気は全く違います。子どもはもちろんですが、親である自分も送迎などで毎日通うことになります。保護者の雰囲気を見るためにも、そういったものに積極的に参加して、様子をみられるのがいいんじゃないかなと思います。 

 

子育て支援

よくある質問。